当社建築物が登録有形文化財に登録されます

去る11月15日に文化審議会の文部科学大臣へ登録有形文化財についての答審があり、その中に当知立神社の建築物が6件含まれておりました。これにより、当社本殿以下の建物が近日中に国の登録有形文化財に登録される事が決定いたしました。
 
登録される6件は次のとおりです。

1.知立神社本殿(天保2年建立)
2.知立神社幣殿(大正時代)
3.知立神社拝殿(昭和29年)
4.知立神社祭文殿及び廻廊(明治20年)
5.知立神社摂社親母神社(明治時代)
6.知立神社茶室(明治時代)
 
本指定は、国の指定文化財としては、国宝、重要文化財に次ぐもので、主に近代の建築物を対象としますが、当社本殿の様に江戸時代の建物も対象とされます。


 

この記事のトラックバックURL
トラックバック