しめ縄用稲刈り

しめ縄に使う稲ワラの稲刈り作業が氏子総代さんと氏子有志によってとりおこなわれました。

 

当社に隣接している神田で育てた稲を毎年この時期に青田刈りをし、乾燥させた上で、年末まで保管しておきます。そして師走の中ごろ凡そ2日間をかけ、やはり氏子総代さんを中心に、拝殿前の大しめ縄をはじめ、境内各所に使う大小さまざまなしめ縄をなって行きます。ちなみに大しめ縄は直径およそ50センチにもなる立派なものです。作業された皆様には大変な暑さの中ご苦労さまでした。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック