新型コロナウィルス感染症の対策について

  • 2020.05.15 Friday
  • 10:00

政府の緊急事態宣言発出に伴い、予てより当社に於いてもコロナウィルス対策をしておりましたが、去る5月14日に愛知県は政府の緊急事態宣言から解除されました。

しかしながら、愛知県独自の緊急事態宣言は5月末まで継続されることが発表されておりますことから、当社に於きましても、5月末日まで以下のコロナ対策を継続することに決定致しました

今後、社会情勢等考慮致しまして、変更等ある場合には改めてお知らせ致します。

何卒ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

 

 

 

一、社頭祈願(御祈祷)について

 

参拝者の方は室内には入らず、外拝殿に於いてひと組ずつお祓いの後、参拝していただきます。(玉串奉奠は無し)

その後、撤下品をお受けいただき、祈祷を取り納めとさせていただきます。

通常行っております「祝詞奏上」については、後ほど神職のみでご奉仕させていただきます。

 

 

一、御朱印について

 

ご持参された御朱印帳をお預かりしての記帳は休止致します。

紙(書置き)の朱印はお受けいただけます。

また、当社の御朱印帳を新規でお受けになられる方は記帳してお渡しいたします。

 

 

一、手水舎について

 

感染予防の為、手水舎の柄杓を撤去し、流水手水を設置しております。

 

 

一、授与所について

 

授与所には臨時でアクリルの衝立を設置しております。

受付にはアルコール消毒を設置しておりますので、消毒のご協力をお願い致します。

 

 

 

☆参拝者の方へ

 

マスク着用でご来社下さい。

御祈祷を希望されます方は、できる限り少人数でお越しください

 

 

 

知立公園(花しょうぶ園)入園停止のご案内

  • 2020.05.08 Friday
  • 11:00

昨今の新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、ご来場の皆様及び関係者の安全を第一に考え、5月7日より花しょうぶ園への入園を停止しております。

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。


 

※本年の「知立公園花しょうぶ祭り」は中止となりました

参照:http://www.chiryu-kanko.com/detail/view/23 【知立市観光協会公式サイト】

本年の知立神社例祭(知立まつり)について

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 15:00

本年の当社例祭につきまして、昨今のコロナウイルス感染拡大予防の観点から、下記の様に対応することに致しました。

 

何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 


 

◎知立神社例祭 ※斎行
 

  神前での神事は、参列者を少人数の方に限定して斎行予定。

 

 

 

◎山車奉納 ※中止

 

  5月2日、3日の各町山車の奉納・巡行は中止となりました。

 

 神社でのからくり、文楽の上演もありません。

 

 

 

◎神輿渡御 ※中止

 

 

 


 

 

〇露店(出店・屋台) ※出店無し

 

 


 

 

 

〜5月2日、3日の社頭祈願について〜

 

上記2日間は当社の例祭に伴いまして、社頭祈願(御祈祷)の受付を終日停止致します

 

 

 

緊急事態宣言発出に伴う知立神社の対応について

  • 2020.04.10 Friday
  • 15:00

令和2年4月10日に愛知県より新型コロナウィルス感染拡大に於ける緊急事態宣言が発出されました。

当神社に於きましても発令期間中について以下の通り対応させていただきます

 

 

一、社頭祈願(御祈祷)について

  

参拝者の方は室内には入らず、外拝殿に於いてひと組ずつお祓いの後、参拝していただきます。

その後、撤下品をお受けいただきまして祈祷を執り納めさせていただきます。

通常行っております「祝詞奏上」と「玉串奉奠」については、後ほど神職のみでご奉仕させていただきます。

 

 

一、御朱印について

 

ご持参された御朱印帳をお預かりしての記帳は休止致します。紙(書置き)の朱印はお受けいただけます。

また、当社の御朱印帳を新規でお受けになられる方は記帳してお渡しいたします。

 

 

一、手水舎について

 

感染予防の為、手水の柄杓を撤去致しました。

 

 

 

※内容について、今後の情勢に併せて変更となる可能性があります。

カキツバタ

  • 2019.04.29 Monday
  • 10:32

当社境内には、小さいながらカキツバタ池があります。

氏子総代の方々が丹精込めて世話をしていただいております。

今年も花が咲き始めました。

平成29年知立祭りについて

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 14:10

平成29年の例祭は、合祭(あいまつり)の為、本来山車の奉納はありませんが、ユネスコ世界遺産登録記念行事として、山車1輌の展示と5ケ町の人形芝居の上演が、3日本楽の日に神社境内に隣接する西町公民館駐車場にて開催されます。

上演演目、時間は市ホームページの知立祭りパンフレット(PDFファイル)をダウンロードしてご確認下さい。

http://www.chiryu-kanko.com/images/brochures/chiryumatsuri2017.pdf

知立まつり「ユネスコ無形文化遺産」に登録決定!

  • 2016.12.08 Thursday
  • 00:05

去る12月1日、知立市民待望の知立まつりのユネスコ世界文化遺産の登録の知らせがはるかアフリカから届きました。当社の例祭であります知立まつり(知立神社例祭)の「山車文楽とからくり」を含む、東は東北八戸から西は九州唐津までの全国33の山車の祭礼が「山・鉾・屋台行事」として、一括して晴れての登録となりました。登録の知らせを受けた当日朝、知立市図書館・歴史民俗資料館のホールにおいて、林市長さん、山車連合保存会加藤会長さんを始め多くの関係者が集まり、登録祝賀の万歳会が開かれ当社の宮司も参加、共に喜びを分かち合いました。

 

 

全国に素人人形浄瑠璃や山車からくりは数多く有る中で、知立の人形が国の無形民俗文化財に指定され、更にはユネスコの文化遺産になった理由はどこにあるのでしょうか?

 

「知立の山車文楽とからくり」の特色は、まず山車文楽については、山車の上で上演される人形浄瑠璃(文楽)が他に類を見ない点にあります。境内に曳き出された山車の中層に舞台を組み、山車の中から聞こえる三味線と太夫の語りに合わせて、人形芝居を演じます。通常の浄瑠璃劇では国立文楽劇場のような広い舞台に、人遣い(1体の人形を頭、右手、左手と足の3人で操ること)の人形を何体も登場させて演じられますが、知立まつりでは山車上の制約ある舞台で演じられるため、人形の数や演技の内容等が狭い舞台に合うように工夫されています。

また、山車からくりについても、他の多くの山車からくりが高山祭りや犬山祭りの様に山車上に人形がしつらえられていて、宙返りや変身などの単純な動きで観客を面白がらせるのに対し、知立の場合は浄瑠璃語りに乗せて平家物語等に材をとった物語を人形が演じるところに特色があります。只物語を演じるだけではなく、随所にからくり人形ならではの観客を驚かす様々仕掛け(ギミック)が組み込まれています。

 

次回の知立まつりは合祭(あいまつり)の年にあたるため、境内での文楽・からくりの上演はありませんが、ユネスコ登録を記念してこの貴重な芸能をご覧いただける企画も進行しているとのことですので、多くの人にご覧いただけることを祈っております。

知立の山車文楽・からくり、地域伝統芸能大賞受賞

  • 2015.10.22 Thursday
  • 14:48

去る平成27年10月11日、秋田県横手市で開催された「日本のまつりinあきた」期間中に、知立山車文楽保存会と知立からくり保存会の2団体が晴れ有る「地域伝統芸能大賞 保存継承賞」を受賞しました。

両団体は隔年で行われる知立祭りの本祭において、当社のご神前で奉納される「山車文楽」「山車からくり」の保存団体で、江戸時代より知立の町に伝わる貴重な芸能を、様々な苦労を重ねつつ今に伝えてきました。この日、文楽保存会加藤敞光会長、からくり保存会坂田盛彦会長が表彰状を受け、保存会会員によって「二人三番叟」が上演されました。

更には、ユネスコの世界無形遺産の登録へ向けての動きも進んでおり、知立祭りが日本はもとより世界に広く知られつつある事を嬉しく思います。

知立祭りのお知らせ

  • 2014.04.29 Tuesday
  • 10:43
恒例の知立神社大祭〈知立祭り〉が、来る5月2日3日に斎行・開催されます。
祭典は3日午前11時から。その他の関連奉納行事等は次の通りです。
今年は隔年の〈本祭り〉の年にあたり、豪華な5台の山車や、山車文楽からくりの奉納があり、更には祭礼にあわせて全国山・鉾・屋台保存連合会の知立大会が開催され、全国の祭礼関係の方々300名以上が当地を訪れる予定です。
当日は大勢の皆さまにご来社いただきます様、ご案内申し上げます。


 
◎5月2日(試楽)
午前11時 講社祭斎行
午後2時 各町山車宮入り開始
午後3時 宮入り完了
午後4時 宮出
午後7時 本町通りに山車5台集合
     山車担ぎ上げ披露、山車文楽上演(中新町、本町)
午後7時 宵祭斎行
 
◎5月3日(本楽)
午前8時 剣道型奉納
午前9時 奉納弓道大会(境内弓場にて)
午前9時 赤瓢箪行列(長篠町公民館より知立神社へ)
午前11時 例祭神事斎行
午後0時半 各町山車宮入り開始
午後2時 神輿渡御(山屋敷町公民館より知立神社へ)
午後2時 奉納山車文楽・からくり上演
午後5時 宮出
 
山車文楽からくり演目(5月3日境内にて)
午後2時 中新町●壺坂観音霊験記 沢市内より山の段
午後2時半 本町●二人三番叟
午後3時 西町●一の谷合戦
午後3時半 宝町●傾城阿波鳴戸 巡礼歌の段
午後4時 山町●艶姿女舞衣 酒屋の段(当祭初披露)
(時間はおおよその目安です)
 
 

文化財建造物についての観光ボランティア研修会が開催されました

  • 2014.03.16 Sunday
  • 11:07
愛知県登録有形文化財建造物所有者の会(略称、愛知登文会)という組織があります。文化庁の指定する、登録有形文化財建造物の所有者である各地の神社仏閣企業個人が相互研鑽と情報の共有を期して、参画する団体です。
去る3月14日、当社を会場にして愛知登文会ボランティア研修会が開催されました。昨秋、知立神社本殿を始め、拝殿、摂社親母神社、茶室など、当社に関係する建物が文化庁により登録有形文化財に指定すべきという答申が出され、登録が内定したことから、愛知登文会が年3回行っている研修会の開催地に選ばれたためです。
この日、地元の観光ボランティアを始め、氏子総代、敬神婦人会の方々等37名のご参加を得、講師として愛知工業大学教授の杉野丞先生をお招きし、神社建築の歴史から始まり、「尾張式」と呼ばれる尾張地方独自の社殿様式についてのご説明に至る、平易で概括的な講話を賜りました。講話終了後は、場所を移しそれぞれの建物を見学しながら、彫物等の意匠の変遷、材料や構造の事など本来難しいお話を判りやすくご説明いただきました。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM