新型コロナウィルス感染症の対策について

  • 2020.05.15 Friday
  • 10:00

政府の緊急事態宣言発出に伴い、予てより当社に於いてもコロナウィルス対策をしておりましたが、去る5月14日に愛知県は政府の緊急事態宣言から解除されました。

しかしながら、愛知県独自の緊急事態宣言は5月末まで継続されることが発表されておりますことから、当社に於きましても、5月末日まで以下のコロナ対策を継続することに決定致しました

今後、社会情勢等考慮致しまして、変更等ある場合には改めてお知らせ致します。

何卒ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

 

 

 

一、社頭祈願(御祈祷)について

 

参拝者の方は室内には入らず、外拝殿に於いてひと組ずつお祓いの後、参拝していただきます。(玉串奉奠は無し)

その後、撤下品をお受けいただき、祈祷を取り納めとさせていただきます。

通常行っております「祝詞奏上」については、後ほど神職のみでご奉仕させていただきます。

 

 

一、御朱印について

 

ご持参された御朱印帳をお預かりしての記帳は休止致します。

紙(書置き)の朱印はお受けいただけます。

また、当社の御朱印帳を新規でお受けになられる方は記帳してお渡しいたします。

 

 

一、手水舎について

 

感染予防の為、手水舎の柄杓を撤去し、流水手水を設置しております。

 

 

一、授与所について

 

授与所には臨時でアクリルの衝立を設置しております。

受付にはアルコール消毒を設置しておりますので、消毒のご協力をお願い致します。

 

 

 

☆参拝者の方へ

 

マスク着用でご来社下さい。

御祈祷を希望されます方は、できる限り少人数でお越しください

 

 

 

知立公園(花しょうぶ園)入園停止のご案内

  • 2020.05.08 Friday
  • 11:00

昨今の新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、ご来場の皆様及び関係者の安全を第一に考え、5月7日より花しょうぶ園への入園を停止しております。

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。


 

※本年の「知立公園花しょうぶ祭り」は中止となりました

参照:http://www.chiryu-kanko.com/detail/view/23 【知立市観光協会公式サイト】

本年の知立神社例祭(知立まつり)について

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 15:00

本年の当社例祭につきまして、昨今のコロナウイルス感染拡大予防の観点から、下記の様に対応することに致しました。

 

何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 


 

◎知立神社例祭 ※斎行
 

  神前での神事は、参列者を少人数の方に限定して斎行予定。

 

 

 

◎山車奉納 ※中止

 

  5月2日、3日の各町山車の奉納・巡行は中止となりました。

 

 神社でのからくり、文楽の上演もありません。

 

 

 

◎神輿渡御 ※中止

 

 

 


 

 

〇露店(出店・屋台) ※出店無し

 

 


 

 

 

〜5月2日、3日の社頭祈願について〜

 

上記2日間は当社の例祭に伴いまして、社頭祈願(御祈祷)の受付を終日停止致します

 

 

 

緊急事態宣言発出に伴う知立神社の対応について

  • 2020.04.10 Friday
  • 15:00

令和2年4月10日に愛知県より新型コロナウィルス感染拡大に於ける緊急事態宣言が発出されました。

当神社に於きましても発令期間中について以下の通り対応させていただきます

 

 

一、社頭祈願(御祈祷)について

  

参拝者の方は室内には入らず、外拝殿に於いてひと組ずつお祓いの後、参拝していただきます。

その後、撤下品をお受けいただきまして祈祷を執り納めさせていただきます。

通常行っております「祝詞奏上」と「玉串奉奠」については、後ほど神職のみでご奉仕させていただきます。

 

 

一、御朱印について

 

ご持参された御朱印帳をお預かりしての記帳は休止致します。紙(書置き)の朱印はお受けいただけます。

また、当社の御朱印帳を新規でお受けになられる方は記帳してお渡しいたします。

 

 

一、手水舎について

 

感染予防の為、手水の柄杓を撤去致しました。

 

 

 

※内容について、今後の情勢に併せて変更となる可能性があります。

知立神社のカキツバタ

  • 2020.04.10 Friday
  • 09:00

今年も知立神社境内に、カキツバタが咲き始めました。

 

 

 

花菖蒲が有名な知立神社ですが、重要文化財「多宝塔」の裏にはカキツバタの池があります。

 

カキツバタは知立市の「市の花」に指定されております。

 

令和2年度知立公園花しょうぶまつりについて

  • 2020.04.09 Thursday
  • 15:00

令和2年5月25日から6月20日に亘って予定されておりました花しょうぶまつりについて、今般の新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、来場者及び関係者の健康と安全を最優先に考え、中止することが決まりましたのでお知らせいたします。(期間中の関連する諸行事につきましても中止となります

 

楽しみにしていただいた皆様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

鯉になった神様

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 17:04

以下は重原村(現在の知立市上重原町)に伝えられている口碑(言い伝え)です。

 

戦国時代、駿河の今川義元の軍勢がこの地に攻め寄せ、今川方の武将戸田弾正の手勢によって知立神社は放火され、殆どの社殿建造物は焼け落ちてしまいました。

神社のご神体はかろうじて運び出され、重原村に当時の神主によって奉遷されましたが、今川方の追手は重原の地までやってきました。

ご神体は重原村のとある農家に隠されましたが、今川の兵は家々をしらみつぶしに探し始めました。ご神体は恐れ多くも農家の使う桶に隠され、その上にムシロをかけて見つからない様にしました。それでもその家に押し入った今川の兵は、その桶を不審に思い、ムシロを取り除けてしまいました。

するとどうでしょう、桶の中には一匹の生きたコイがいるだけでした。やがて今川の兵はあきらめて立ち去りました。

不思議なことに、知立神社の神様は鯉に化けて、難を逃れたのでした。その後、しばらく重原村に仮社殿に鎮まられ、時代が落ち着いてから今の社地にお帰りになられたのでした。

カキツバタ

  • 2019.04.29 Monday
  • 10:32

当社境内には、小さいながらカキツバタ池があります。

氏子総代の方々が丹精込めて世話をしていただいております。

今年も花が咲き始めました。

平成29年知立祭りについて

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 14:10

平成29年の例祭は、合祭(あいまつり)の為、本来山車の奉納はありませんが、ユネスコ世界遺産登録記念行事として、山車1輌の展示と5ケ町の人形芝居の上演が、3日本楽の日に神社境内に隣接する西町公民館駐車場にて開催されます。

上演演目、時間は市ホームページの知立祭りパンフレット(PDFファイル)をダウンロードしてご確認下さい。

http://www.chiryu-kanko.com/images/brochures/chiryumatsuri2017.pdf

黄金の釜

  • 2017.02.16 Thursday
  • 10:17

昔、ある所に、良いお爺さんと悪いお婆さんがいました。ある日、地面が地震のように揺れ、地の底からうなり声が聞こえてきました。それが何日も何日も続いたのです。

お爺さんは見に行くと、地中から黄金の釜が姿を現し噴き出してくるところでした。驚いたお爺さんはお婆さんに伝えて、お婆さんが見に行くと釜は引っ込んでしまいました。その後も、お爺さんが見に行くと釜が噴き出し、お婆さんが見に行くと引っ込んでしまいます。

お爺さんが釜を拾い上げて家に持ち帰ると、お婆さんが怒って釜を殴りつけました。すると釜が「痛い、痛い。こんなことなら、知立明神へ行きたい」と泣き出しました。お爺さんはそれを聞き驚いて村人と相談し、釜を知立明神に奉納したということです。

一説には、釜にはもともと「知立明神」の銘があったともいわれています。この時から、釜がでた所を「釜ケ淵」、その村を「福釜」(ふかま)と呼ぶようになったとのことです。

 

福釜は現在の安城市福釜町。知立神社から真南に2里(8キロ)離れた所にあります。この話は知立神社が関わる地名起源譚です。奉納されたという釜は今はどうなったのか、それは謎です。 

出展 『新編 愛知県伝説集』福田幸男著 昭和36年

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM